白髪が出来る原因は、主に生活環境・加齢・ストレス・病気・遺伝の五つの要素だと考えられています。 そのため、自分で解決できる原因は限られてくるのかもしれません。 その中で食生活から見た白髪を予防する方法を紹介します。 白髪を予防するためには、健康な頭皮を柔らかく保つ事が必要になってきます。 それには、うなぎや豚足に豊富に含まれているコラーゲンが細胞の弾力を守り、健康な頭皮にするために効果的だと言われています。 また、加齢と共に前述のコラーゲンが減少していく原因は、活性酸素だと言われています。 活性酸素の働きは、ウナギやアーモンドに多く含まれるビタミンEと果物や野菜に多く含まれるビタミンCで抑える事ができます。 特にビタミンEは、抗酸化力が強いため、若返りのビタミンと呼ばれているので、聞き馴染みがあると思います。 次に、毛母細胞が栄養不足にならない様に毛髪を健康に保つ事が大切になってきます。 これには、毛細血管の血行と血液の状態を整えるビタミンEとアーモンドに含まれているマグネシウムが効果的です

簡潔に言うと、パッチテストとは、使用する白髪染めの安全性を確かめるためのテストです。 体質に合わない白髪染めを長期に渡って使用すると、健康的に良くないのは理解できると思います。 ですので、パッチテストというもの自体を知らない人や面倒臭いといってそのまま使う人もいますが、白髪染めの使用前にパッチテストをすることは大切です。 そこで正しいパッチテストの手順をここで説明したいと思います。 パッチテストは、基本的に白髪染めを実際に使用する2日前に行います。 その理由は白髪染めで起こるかぶれの原因であるアレルギー性接触皮膚炎の反応が、使用した1日〜2日後に出てくるからです。 現在の所、専門家でもそれより早く結果が分かる方法はありませんので、パッチテストを行う際は実際に使用する2日前(48時間)というのが原則となります。

白髪染めを使われている方は、どのように色を選んでいますか? 色の明るさと自分の髪色を比べ、自分好みの髪色をイメージして大まかに選び、使った後の仕上がりを見てから判断している人が多いと思います。 私はそれで全く問題ないと思いますが、何も知らずに個人ですると、やはりイメージと違う仕上がりになり、少し納得のいかない事もしばしばあります。 そこで、白髪についての簡単な基本知識を紹介します。 白髪の染まり具合は、白髪と黒髪の量の割合で仕上がりの色の明暗が変わってきます。 ご存知の通り、同じ白髪染めを使った場合、白髪より黒髪に使った場合の方が色が暗く染まります。白髪率50%の人よりも白髪率10%の人のほうが暗く染まりやすいと言う事です。